リウマチ(末期になると日常生活もままならず、介護が必要になります)を悪化させないためには、とにかく安静にすることが第一です。 睡眠時間(なるべく規則正しく、一定の時間取るようにする方がいいでしょう)をたっぷりとり、全身はもちろん、精神的な安静を得られるようにしましょう。 ただし、安静にばかりしていると筋肉が衰えてしまうので、適度に運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)療法も取り入れていかなければなりません。 出来る範囲で、サポーターや補助具の助けを借りながら、負担のかかり過ぎないリハビリを行うようにしましょう。 目安としては、翌日に疲れが残らない程度の運動量と考えると良いでしょう。 また、日頃の生活の中でも、関節に負担がかからないような工夫や注意が必要です。 重い物を持ったり、同じ姿勢を続けたり、一か場所に力がかかるような動きをしたりしないように気をつけてください。 入浴で体を温めて、筋肉をゆるめてリラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)するのも有効です。 ぬるめのお湯にゆっくり利用して、体を芯から温めるようにします。 リウマチは何年も付き合っていかなければいけない疾患です。 毎日の積み重ねで、良くも悪くもなると考慮して、自分の身体をいたわってあげてくださいねー